頑張りすぎてしまう時

新人の看護師さんは患者さんの思いを汲んで、できることは全部やろうとするそうです。

でも、そんな思いが危険だとも言えるようです。

医療に関してのプロだから何でもできると思ってしまうというのもあるかと思います。

でも、ここで「できないこともある」ということを患者さんにも伝えるようにならないといけないという人もいます。

でないと「やってもらって当たり前」という患者さんの考えは、膨れ上がるだけ膨れ上がってしまうからだと言います。

患者さんからすると、看護師さんが頑張りすぎているかどうかなんてわからないというのもあります。

やはり痛いとか辛いから病院に来ているわけですから、看護師さんの精神状態や体調まで慮ることはできないと思います。

また看護師さんの方も、患者さんから心配されては本末転倒です。

それならば「できないこともある」と伝えることが必要となってきます。

その時に、患者さんからの評判が悪くなるかもしれませんし、実際、入院患者さんの話題も「あの看護師さんは優しい」「あの看護師さんは意地悪」という話を良くしています。

でも患者さんも人間ですし、看護師さんも人間です。

看護師という仕事をしていくうちに、どういう風に働いていくかが判ってくるはずです。

看護師さんがやってくれたことに満足するかどうか、感謝できるかどうかは、患者さん自身にかかっています。

なので、看護師さんがあれこれ考えても仕方ありません。

やるべきことをやればいいのだと思います。

「やってもらって当たり前」の人はそれはそれで仕方ないと思うしかないそうです。

そういう患者さんに対する思いも看護師さんによって違うということが、看護師として働く内にわかってくるそうです。

いろいろと決めつける前に先輩看護師さんに相談してみるとよいそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*