緩和ケア病棟の看護師

まず「緩和ケア」がどういうものか見ていこう。がん患者のがんによる心身のつらさを緩和し、その人がその人らしく生活を送れるようにすることを重視した看護の形である。従って、緩和ケア病棟も治療は目的としておらず、がんによって引き起こされる様々な負担・苦痛を取り除き、可能な限りその人らしい快適な生活を送れるよう専門的にサポートとケアを行う病棟である。
がん患者が緩和ケア病棟に入院するきっかけは、がんによる痛み・吐き気・不眠・だるさなどを訴えてという事が挙げられる。緩和ケア病棟の看護師はボランティアスタッフや医師、薬剤師とも相談を重ね、患者の苦痛をいかに和らげていくか検討し看護を提供していく。また、支援していくのは身体面のみに留まらず、心理社会的問題、スピリチュアルな側面からも目を向けケアを行っていくことが非常に重要であるといえる。
例えば、がんの進行に伴って痛みが増してしまったり、呼吸困難症などの発現などにより、今まで遅れていた日常生活が困難になる場合もある。このような場合、病気による苦痛以外にも、収入面・家族の事・自分の将来など様々な不安と心配が患者を襲うだろう。看護師は、患者やその家族との普段のケア方法や様子を他の看護師・医師にも伝達・共有し、必要なケアは何かを協議したうえで安心してもらえるようなサポートを行っていく。
また、入院環境を整えておくことも非常に重要である。患者が入院中に生活の質を保てるよう、定期的に音楽会やお茶会を開いたり、絵を描いたり写真を撮ったり、花を飾ってみたりと患者とその家族も一緒にリラックスした時間を過ごせるよう工夫を凝らしていく。そのほかにも、趣味の時間や友人・ペットとの時間をコーディネートするのもいいだろう。
そして緩和ケア病棟では、患者が亡くなる最後の時もケアを行っていく。最後の時までその人らしい生き方をできるよう、患者の症状を最大限緩和していく。家族にとっては大切な人との別れであり、とても悲しい時期になる。看護師たちは家族の思いにも寄り添い、患者との付き合い方をアドバイスすることも時に必要であるだろう。
患者の死後もその家族へのケアを行っていく。ご自宅を訪問し家族と話をしたり、同じ体験をした家族の会を催したりすることもあるようだ。このように緩和ケア病棟の看護師は、がんと向き合う患者へのケアからその最後の時、そしてその後の残された家族に対してまで幅広く支援を行っているのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*