看護師という仕事は心意気も大事

医師と看護師のチームワークが良いところは、患者さんも嬉しいですし、働く方も嬉しいものです。

就職して病院に配属先が決まるといよいよ仕事です。

ですが中には中々看護師の仕事を任せてもらえない人もいます。

同僚たちがどんどん一人前の看護師としての仕事をしているので、自分だけはいつも先輩や同僚たちが見張っているような状態。

それでも落ち込む必要はありません。

失敗が多いかもしれないということで、他の看護師さんがフォローしてくれているのですから、決して自分が看護師に向いていないなんて悩まないようにして欲しいものです。

中には、患者さんのことを思うあまり奇天烈な方法で対処しようとする看護師さんもいるそうです。

看護師さんは何はなくても「優しくありたい」と思っている人が多いといいます。

仕事を早く覚えるのに越したことはありませんが、慌てても仕方ないと思います。

それはその就職した病院のチームにもよりますが、いずれベテランになるのですから、長くお勤めすることを考えたら一生懸命に頑張るというとちょっと抽象的ですが心意気が一番大切ではないかといいます。

実際、病院に就職すると看護師さんには勉強会の時間が設けられています。

医療の現場はどんどん新しくなっていますし、医療に関する法律や条例も知っておかなければならないからだそうです。

だから本当に現場も大切ですし、勉強もしなければならないし、看護師さんは一生懸命頑張っているのではないでしょうか。

嫌なことがあっても、患者さんに関係があるわけでもないですし、いちいち悩んでいる時間もないといいます。

看護師さん同士の仲が悪くても治療の現場では素晴らしいチームワークを発揮するといいます。

こういう職場も他にあまりないかもしれません。