三年も経ったら劣等感も吹き飛ぶ

石の上にも三年。

看護師さんの世界でも三年も経てば、仕事がわからないとか同僚よりも仕事の覚えが悪いなんていう悩みはすっかりなくなるそうです。

三年ほど看護師という仕事をやっていると、なんとかなるといいます。

若いときの三年間は貴重ですが、過ぎてしまえばあっという間です。その間、一生懸命に看護婦の仕事と向き合っていればなんとかなるというのはいいですね。

これはどんな仕事でも同じなのかもしれませんが、仕事に向いているかどうか悩むよりも、やるかやらないかでしかないのかもしれませんね。

ベテランの看護師さんがこれから看護師を目指す人に相談されることがあるそうです。

「不器用ですが看護師に向いてますか」

「緊張しやすいのですが看護師に向いてますか」

「血が苦手ですが看護師に向いてますか」

この三つは本当によく聞かれるそうです。

そして実際にどうしても仕事をしなければならず、看護師以外に選択肢がないのであれば、不器用と緊張しやすい性質はどうにかできるそうです。もちろん自分でどうにかするのですが。

血が苦手というのは、これはアドバイスのしようがないそうです。

とはいえ、世間一般の人たちが、自分の天職と思えるような仕事と巡り合っているわけではないはずです。

なので看護師という仕事だけが適正を問われても仕方ありませんね。

それにベテランの看護師さんたちも天職だと思ってやっているわけではないようですし。

看護師という仕事は特別でもありますが、特別な人がするわけではありません。

働かなければならない、仕事がしたいという人たちにはとても良い仕事です。

たとえ就職した職場が辛くても、自分にあった施設を選んで転職することも可能です。

向き不向きを考えるより、働きたいかどうかを考えて飛び込んでみるのも良いのではないでしょうか。