厳しい先輩になる

新人のときはダメダメ看護師だったとしても、成長して人の先輩になる頃には、より厳しい看護師さんになる場合が多いそうです。

自分の失敗を人にさせないようにという思いもあるでしょうし、新人時代に先輩方に言われたことをきっちりと伝えていきたいという思いもあるのかと思います。

なので、先輩に厳しくされても嘆くことはありません。

きっと自分のような看護師になれると見込んで注意してくれているのです。

新人時代、周囲がカバーできるときにたくさん失敗した方がいいのかもしれません。

独り立ちしてからの失敗は、誰にもカバーしてもらえない分、大変なことになります。

先輩に怒られているうちが華です。

でも新人が辞めたくなるのはそんな先輩の厳しさではないようです。

やはり激務についていけないからというのもあるそうです。

看護師不足も言われていますが、先輩看護師さんは初めの一年ぐらいで辞めてしまうのはとてももったいないといいます。

そこを乗り越えて欲しいとあえて言う方もいらっしゃるようです。

転職がしやすい仕事とはいえ、石の上にも三年というのを考えてほしいということのようです。

ただその一方で、この三年間が先輩や上司からもとても厳しくされるので、新人さんにとってはつらい時期ですね。

でも先輩看護師さんが「やっとできるようになった」とこころで、イケイケの気分になるのも判る気がします。

確かに自分の三年先輩あたりの言葉が一番きつかったりしますもんね。

年齢は近いけど、仕事上では雲泥の差があるというのは、人間関係を構築するのも大変ですね。

ベテラン看護師さんも理由があって、スピード重視だったり、点検魔だったりするのです。

後輩に怒っている内容も自分の苦い経験がもとになっている場合もあります。 ベテラン看護師さんたちは「それを乗り越えて、自分もイケイケの看護婦になるという希望を持って頑張って欲しい」そうです。