とにかく早くには理由がある

ひとりの患者さんが苦しんでいるために処置をしようとしても、他の患者さんからどんどん他の用事を頼まれてしまうということがあるそうです。

ベテランになれば、優先順位が判るようになるのかもしれませんが、新人にはそれを判断するのは無理。

うるさ型の患者さんの言いなりになってしまいがちだそうです。

確かに看護師さんに威張っている患者さんを見かけることがありますもんね。

おとなしい患者さんもうるさ型の患者さんも「痛い」という言葉は同じです。

どれだけ痛いかも他人にはわかりません。

そこに順番を付けていくことができてくるというのです。

看護婦さんが忙しい中ナースコールに対応している様子ですが、対応も考えて順番を決めているんですね。

でも忙しいというのは看護師さんにとっては当たり前ということだそうです。

なので、その忙しさに対応するためにはとにかくスピードを磨くといいます。

現場は人を増やすとかそういうことを言っている場合ではないのかもしれませんね。

でも、つらいのは、患者様は神様ですと思い込んでいる患者さんのようです。

患者さんの中には、威張りまくっている人もいますもんね。

看護師さんもわがままを言われる筋合いはないですから。

患者さんと感情的なぶつかり合いをしている看護師さんもいます。それはベテランの方だろうと同じです。

別に看護師さんがわがままでもいいわけです。性格が悪い人や意地悪な人だっているのは当たり前です。

変な看護師さんがいてもいいと思います。一般的なイメージ「白衣の天使」を押し付つけて、優しさを求める方がどうかしているのかもしれません。

性格上の向き不向きはないと言われる職業です。

看護師さんは白衣の天使である必要もないのではないでしょうか。

優しい人を演じて疲れるより素のままで看護師としての仕事に邁進しましょう。