考えることが大事

病院によっては他の部署へ異動することができないこともあります。

そのため同じ部署の大ベテランになったりするそうです。

三年ごとに強制的に異動させる病院もあるそうです。もちろん、規模が小さい病院ですと、異動ということ自体がないようです。

内科、精神科、緩和ケア病棟では、大きな手術はないそうです。

外科系の部署に配属されなければ、手術などはないということでしょうか。

看護師さんにも向き不向きがあるかと思いますが、内科系か外科系とでは大きな違いがありそうです。運命の分かれ道といってもいいぐらいではないでしょうか。

そうは言っても異動願いは出せますし、別の施設に転職することは可能なので、あまり構えることは無いのかもしれません。

看護師という仕事は転職しやすいという利点があるので、自分の適性を自分で考えることができるのもいいですね。

とはいえ、例えば内科から精神科に異動したりすると、処置も少なく、患者さんとのコミュニケーションがなかなかスムーズにできないということに困惑したりするそうです。

それでも患者さんたちの反応に面白味を感じたりするようになるそうです。

それは自分自身の行動を振り返ることにも繋がり、自分のあり方を自覚できるようになるようです。

とはいえ現場で冷静に対処しているかというとそういうことはなくて、いつも体当たりとなってしまうそうです。

感情のマグマの使い方が判ってくるという看護師さんもいるそうです。

それだけびっくり仰天する場面に遭遇するということでしょうか。

そんな看護師さんでも、患者さんよりその家族の非人間的な態度の方に傷つくといいます。

それにしても感情のマグマなんて、凄い話ですね。